REACH24H GROUP CONSULTING


| English | Chinese|
 betway vip ニュースリリース 在中日係企業のニースに沿ったコンプライアンス情報をご提供ーーー2021年化學品法規製セミナー【上海】

 2021年6月17日、REACH24H社が主催する「在中日係企業向け---2021年化學品法規製最新情報セミナー(上海)」は上海市內のラマダプラザシャンハイツァオフージンホテルで開かれました。

 今回のセミナーでは、新規化學物質の環境管理と危険化學物質の輸出入規製に焦點を當て、規製の現狀、ポリマーの対応、登録後の義務、輸出入の通関手続きなどについて説明しました。セミナーの內容は、在中日係企業様のニーズに合わせて「カスタマイズ」されており、中國の化學品市場に進出する際に最も関心する部分にフォーカスしました。

 

新化學物質環境管理登記弁法

 2021年1月1日、《新化學物質環境管理登記弁法》(生態環境部令第12號)が正式に施行されました。 従來7號令と比べ、12號令は環境リスクにさらに焦點を當て、新規化學物質の環境管理登録の申請に関する各要件を最適化し、登録基準を見直した上、中間・後期監督管理及び新危険有害性情報の追跡管理を強化しました。また、12號令に基づき、生態環境部(MEE)は「新化學物質環境管理登記指南」を改訂し、申請者のコンプライアンス対応をサポートしています。

 セミナーでは、REACH24HのMs.鄭雲肖は12號令の主な変化を元に、登記範囲・登記種類/要件及び登記後の義務を一通り説明しましました。さらに新規化學物質管理の関する近年の動向を來場者に共有しました。

REACH24Hのアドバイス:

 従來の7號令と比べ、12號令は登記の種類を大幅に調整しました。企業もそれに応じて、登記戦略を見直し、事前に準備を整える必要があります。また、12號令は中間・後期監督管理及び新危険有害性情報の追跡管理を強化したため、登記・備案が完了したとしても、企業の義務が完了したわけではありません。企業は登記の種類及びサプライチェーンにおける位置に基づき、新規化學物質の情報伝達、首回活動報告、年次報告、新危険有害性情報や環境リスクの追跡、情報開示やデータ保持などの登録後の義務を適時に完了する必要があります。

 

危険化學品輸出入政策

 今年に入って、世界的な経済・貿易情勢の変化の影響を受け、中國の対外貿易パターンは継続的に調整されています。その內、稅関が化學品、特に危険化學品に対する管理要件は日係企業を始めとする海外企業から注目を集めています。

 今回のセミナーで、REACH24HのMs.南愛斌は中國危険化學品輸出入法規製の変化/対応、危険化學品輸入貿易のコンプライアンス対応、危険化學品/特殊化學品の市場參入という三つのポイントを中心に、化學品の識別を初め、輸出入法規製の要件と監督管理の現狀及び「長江流域で運輸禁止危険化學品」、「易製毒化學品6品目追加」、「稅関が重點的に確認するSDS/ラベルと危険品包裝」など最近企業が特に関するするテーマを取り上げ、來場者に自分の見解をシェアしました。

REACH24Hのアドバイス:

1.製品が中國に輸入する前に、製品內に含まれる化學品が中國の各種の監督管理対象名録に収録されているかどうかを確認し、事前にコンプライアンス対応をしておくこと;
2.貿易を順調にするため、中國の各種の監督管理対象名録の変動をフォローし、変化に伴い法規製対応の義務を果たすこと。

イベント情報

Online開催
2020.10.19-11.18
 
橫浜開催
 
東京開催
2018.11.05/08
第二回化學物質管理政策最新動向セミナー【TWN】【KOREA

 betway vip ニュースリリース 在中日係企業のニースに沿ったコンプライアンス情報をご提供ーーー2021年化學品法規製セミナー【上海】